山形市立第四小学校

お知らせ

陸上運動記録会

2018/06/05

 2ヶ月間、21人全員で取り組んできた陸上運動記録会。一人一人のがんばりと仲間への声援。いろいろなことを学ぶことができました。
〜学年通信より〜
「今まで練習をいっぱいしてきたけど、本番は2回しか投げられなくて、一瞬で終わっちゃう。ぼくは、本番2回で新記録を出すことはできなかったけど、遠くに飛ばすことを意識して投げられた。目的をもって本番に臨むことができて、新記録はでなかったけど、悔いが残らないでやることができてよかった。」「ぼくの組は、ぼくじゃないんだけど2回フライングがあったからやり直しになって、それで集中力が切れちゃった。次は大丈夫かなとか、腕のふりや腰の位置を意識して走ることより、他のことを考えてしまって。自己ベストは出せたけど、もっと集中して走っていれば、もっといい自己ベストを出すことができたんじゃないかなって思う。」
 高橋先生、大沼先生と一緒に練習をしてきたこの2ヶ月。子どもたちは、足が速くなった、より遠くに跳ぶことができるようになったという陸上の技術面はもちろんですが、それよりも「ただなんとなくやるのではなく、一つ一つ意識して取り組むこと」「地道な積み重ねが、自分をつくっていくこと」など、これからも大切にしていきたいことをたくさん学ぶことができました。高橋先生や大沼先生のような指導者の方に出会い、教えていただいたことがこれからの子どもたちの財産になると思います。